まつげを伸ばせば美人度がアップする

まつ毛を伸ばしただけで実は美人度がアップします。たったまつげだけでと思われるかもしれませんが、人が人の顔を見る時に一番注目するのは目なのです。ですので目が一番い印象に残りやすくなります。まつ毛が長く伸びていれば目の周囲は黒く見えるのでまるでアイラインを引いたかのような華やかさを感じられます。しかしまつ毛が極端に短かったり細かったりしますと目の周囲を華やかにできませんのでかなり淋しい顔の印象になってしまうのです。またまつ毛は目そのものを大きく見せてくれる効果もあります。 目が小さく見えるのは目が小さいからではなく実はまつ毛が短いからなのかも知れません。目立たないようですがまつ毛は大きな役割を持っています。メイクによってある程度はカバーできるもののすっぴんになったときにもきれいでいたいというのでしたらまつげを長くすることを考えるのがいいでしょう。しかしそもそもまつ毛は長くできるのでしょうか。紙の毛と同じようにまつげもエクステによって長くできます。メイクをしていなくてもそれだけで目の周囲が華やかになりますしすっぴんになっても華やかさを保てるのがいいところです。ただまつげのエクステは永久の効果はなくいずれは取れてしまいますので根本的に自分のまつげを伸ばすことも考えるのがいいでしょう。自分のまつ毛を伸ばすためにいいのは美容液です。まつ毛に塗ることによって地肌の環境を整えてくれるためまつ毛が伸びやすくなります。そしてすっぴんでもエクステをしていなくてもきれいになるのです。元々顔の作りのきれいな方でしたら整形などしなくてもまつ毛を伸ばすだけでもきれいになります。整形を考える前にまずはまつげを伸ばすことを考えるのがいいでしょう。

まつげ育毛剤の成分と効果について

目元の印象を大きく左右するのがまつげの存在です。本数は勿論のこと、たった1mmでもその長さが伸びると、がらりと印象が変わると言うことも珍しくありません。ある程度までは、マスカラやビューラーを使用して印象を変えることは可能ですが、できればそのものを太く、長く育てたい、あるいはその本数を増やしたいと思っている人は少なくないはずです。そんな時に活用したいのがまつげ育毛剤です。この中には、その発毛や成長に有効だとされている成分が豊富に含まれています。まつげが生えて、育つ過程は頭髪のそれとほとんど変わりありません。つまり、それに必要な栄養が血流にのって届くことが必要です。まつげ育毛剤に含まれている成分では、ビタミンE誘導体である酢酸トコフェロールや、昆布などの褐藻から摂取できる褐藻エキスなどが、血流促進効果を持っています。またツヤやコシがあるまつげにするためには、潤いも欠かすことができない要素です。そのために、スキンケア製品ではおなじみのヒアルロン酸やコラーゲン、そしてこれらの働きをより高める成分としてプラセンタが含まれているものも多くあります。そして最近、注目を浴びているのがペプチドと呼ばれる成分です。ペプチドには様々な種類があり、美容業界は勿論のこと、ダイエット業界においても使用されている成分で、そちらの分野では筋肉を育てるのに有効な成分として注目を集めています。まつげ育毛剤に配合されている場合には、まつげを育てる効果を望むことができるのですが、より高い、そしてより早期にその効果を実感したい場合には、うってつけの成分と言われています。特にスキンケア製品に含まれていることが多い成長因子成分、EGFやFGF、IGFと言ったものと似た働きをするペプチドが含まれているものに関しては、非常に高い効果を期待することができます。

日本人と欧米人のまつげ比較

我々東洋人と西洋人のメイクの目的は、驚くほど正反対で、日本人などのアジア系の女性の顔は、目や鼻などパーツごとが小さく、特に目が細くて小さいので、どれだけ目元を大きく強調できるかが、メイクのカギであるといわれています。逆に西洋人は、パーツ、パーツが大きくて濃いので、それをいかにして抑えるかがメイクの目的になります。日本女性のメイクのカギは、前述したように目元になるので、目を縁取っているまつげの存在はとても大きく、よりはっきりと強調させられるように仕上げなければなりません。ところが日本人のまつげは、下向きに生え、短く、細く、少ないという方が多いので、必然的にまつげメイクが、メイクの最大のポイントといわれており、巷には数えきれないほどのまつげアイテムが溢れています。一方欧米人などは、男女関係なく、産まれた時からフサフサで、お人形のような目元をしている人が多く、ビューラーなど使わなくても上向きにくるんとカールし、長く、濃く、ボリュームがあります。マスカラなどを軽く付ける程度でも十分なので、それほどまつげ強調メイクは流行ってはいません。目力を与えたければ、アイラインを引けばそれで事足りるので、日本ほどいろいろな種類のまつげアイテムは、流通していないようです。日本は、できるだけまつげを強調できるように、いろいろなアイテムを使って仕上げていくので、その分毛を傷めてしまうことも多く、髪の毛と同じようにまつげをケアしてあげられる、美容液や育毛剤の売れ行きも良いようです。最近は美容クリニックでも医薬品の育毛剤を取り扱っていたり、まだまだ数は少ないですが、植毛を行っているクリニックも登場しているようです。

↓人気のまつ毛育毛剤
ケアプロスト目元を美しくする

トップページへ